ダイエットが継続するコツ



所沢・高田馬場ダイエットサポートを行っているパーソナルトレーナーの砂川幸也(すながわ ゆきや)です。



ダイエットは継続しなければ結果が出ません。

しかし、その継続ができなくて困っている人も多い。

食事をコントロールしたり、苦手な運動に取り組んだりしていると、ダイエットを始めた頃のモチベーションが少しずつ下がってくるかもしれません。

私がこれまでにサポートをしてきた経験では、真面目で頑張り屋さんの人ほどダイエットが継続できずに悩んでいる感覚があります。

いわゆる完璧主義で妥協や手抜きができない性格の人です。

では、そんな人がダイエットを継続するためには、どのようにすれば良いのでしょうか。

 

継続のコツは完璧をめざさないこと

食事は栄養バランスをしっかり計算して過不足がないように。

調味料まで意識する。

運動は決められたメニューをちゃんとこなす。

多少の体調不良や疲れを理由にしてメニューをこなさないのはダメ。

毎日同じ時間に寝て7時間の睡眠をとる。

ここまで取り組むことができたら完璧ではありますが、実はオススメではありません。

なぜなら、完璧に取り組めている時は良いのですが、少しでも計画通りに取り組めなかった時に挫折することが多いからです。

あなたも過去にそのような経験がありませんか?

ですから、ダイエットを継続するためには、あえてこのような完璧をめざさないという意識が大切です。

 

継続のコツを部屋の片付けでたとえてみる

woman in white shirt sitting on bed

「ダイエットを継続するためには、あえて完璧をめざさない」という話を視点を変えて説明してみようと思います。

たとえば、散らかった部屋を片付けなければならないとします。

この時、あなたはどこから片付けていきますか?

私なら、まずは目に付く大きな物から片付けていきます。

家具と家具の隙間にあるホコリを丹念に掃除していても、部屋は一向に片付かないからです。

目に付く大きな物を片付けてから掃除機をかけてしまえば、部屋はある程度片付きます。

その後に余裕があれば隙間のホコリも掃除すれば良いと私なら考えます。

 

話をダイエット継続のコツに戻す

ダイエットに話を戻します。

「目に付く大きな物から片付ける」というのは、効果が出やすいものから取り組むと言い換えることができます。

ダイエットであれば食品の栄養をキッチリ調べて計算するのではなく、ある程度のバランスを整えること。

私のサポートでは、自分の手の大きさを目安にして確認する方法などをお伝えしています。

また、運動は最低限のメニューを決めておいて、体調に合わせて余裕があればプラスしていくやり方が良いかもしれません。

最低3つの運動メニューをすることにしておいて、余裕があれば1〜2つ追加するなど。

あえて100点満点ではなく70点くらいをめざすイメージです。

余裕があって100点満点をめざしたい時だけ、さらに取り組めば良いと私は考えます。

 

残り30点はコスパが悪い

100点満点をめざさずに70点くらいをめざすのは、さらに理由があります。

私の経験上、70点までの努力は結果に大きな影響を与えるのですが、残り30点の努力はそれに比べると小さな影響であることが多いです。

70点までのコスパと残り30点のコスパでは、圧倒的に残り30点のコスパの方が悪い。

ですから、100点満点の完璧をめざさずに70点くらいでゆとりを感じながら取り組むのが良いと思っています。

ゆとりを感じながら取り組めば継続もしやすいはずです。

 

まとめ!

ダイエットは継続しなければ結果が出ない。

継続のコツは、あえて100点満点の完璧をめざさずに、70点くらいをめざしてゆとりを感じながら取り組むように心がけること。

余裕があれば時々100点をめざすのはアリ。

 

この記事を書いた人

砂川 幸也(すながわ ゆきや)
砂川 幸也(すながわ ゆきや)ナチュラルシェイプアップトレーナー
これまで延べ3万人以上を指導した経験をもとに、週1回のトレーニングで結果を出す独自のダイエットプログラムを開発。
太らない食べ方が無意識にできるようになる食習慣指導にも定評があり、リバウンドを重ねていた女性たちから支持され、契約するジムで年間売上1位になるほどの評判となっている。