絶対にリバウンドしないダイエット法

「またリバウンドしてしまった」

ダイエットに挑戦した後、リバウンドで悩んでいるも多いと思います。

中には何度もダイエットとリバウンドを繰り返している人もいるかもしれません。

そこで、これまでに多くのダイエットをサポートしてきた私が、絶対にリバウンドしないダイエット法を解説します。

最後まで読めば、もうリバウンドは怖くない!

なぜリバウンドするのか?

一度体重が減ったのにリバウンドしてしまうのはなぜでしょうか?

主な原因を解説します。

過度な食事制限

bowl of vegetable salad

過度な食事制限はリバウンドの原因になります。

なぜなら、続けられないからです。

過度な食事制限は常に我慢を強いられます。

その我慢を続けることは困難。

精神力の強いボクサーだって、試合が終われば食事制限をやめて体重を元に戻します。

60kgの人が過度な食事制限によって50kgになったとしても、食事を元に戻せば再び60kgに。

50kgを維持したければ、50kgを維持する食事を続けなければダメってこと。

過度な食事制限に頼るダイエット法は、最初からリバウンドが確定しているようなものです。

短期間ダイエット

brown framed eyeglasses on a calendar

短期間ダイエットは体の仕組みが影響してリバウンドします。

私たちの体には一定の状態を保つ能力(ホメオスタシス)があります。

体温や血圧が一定なのは、この能力のおかげ。

実は体重も一定に保つようになっているのです。

だから、ダイエットをして体重が減り始めたら、元に戻ろうという力が働きます。

そうすると停滞期が訪れ、それからリバウンドが始まります。

基礎代謝が落ちる

blue tape measuring on clear glass square weighing scale

極端な体型でなければ、基礎代謝はおおむね体重に比例します。

60kgの人と50kgの人を比べると、基礎代謝が高いのは60kgの人。

実は脂肪もエネルギーを消費しています。(1kgあたり4.5kcal/日)

ダイエットして脂肪が減った分の消費エネルギーが減ってしまうのです。

「痩せれば痩せるほど痩せにくくなる」(なんてこった!)

だから、筋肉や内臓を減らさないようして、基礎代謝をできる限り落とさないようにダイエットすることが重要なのです。

基礎代謝とは?

体温維持、心臓や呼吸など、人が生きていくために最低限必要なエネルギーのこと。

生きているだけで消費されるエネルギーで、1日に消費するエネルギーの約60%を占めています。

絶対にリバウンドしないダイエット法を紹介

お待たせしました。

それでは、絶対にリバウンドしないダイエット法を紹介していきます。

絶対にリバウンドしない食事

過度な食事制限はリバウンドの原因になるとお伝えしました。

ですから、むやみやたらに食べないというのはNGです。

内臓は筋肉。

過度な食事制限によって内臓に負荷がかからなくなると、他の筋肉と同じように減ってしまい、基礎代謝が落ちてしまいます。

ダイエットをする時であっても、しっかり食べて内臓に適度な負荷を与え続ける必要があります。

では、具体的にどうすればいいのか?

タンパク質を摂る

まずはタンパク質をしっかり摂ること。

タンパク質が足りないと除脂肪体重が減って基礎代謝が落ちてしまいます。

除脂肪体重とは?

体重における体脂肪以外の筋肉・骨・内臓などの重さのこと。

またタンパク質が少ない食事は、食事誘発性熱産生が減ってしまいます。

食事誘発性熱産生とは、食事をして摂取したエネルギーの一部が、熱に変わって消費されること。

熱に変わって消費される量は栄養素によって異なり、タンパク質が最も多く消費されます。

つまり、摂取エネルギーが同じなら、タンパク質の割合が高い食事の方が体脂肪が減少されやすいということです。

糖質と脂質

糖質と脂質は、必ずどちらか一方だけを減らしましょう。

両方減らすは絶対にNGです。

たとえば糖質制限しながら鶏胸肉ばかりの食事をしているとリバウンドします。

糖質または脂質からエネルギー源を摂りましょう。

絶対にリバウンドしない減量ペース

リバウンドを防ぐ減量ペースは1ヶ月に体重の2〜5%が目安

これを超えるようなペースで減量していくと、体を一定に保とうとする力が働いてリバウンドします。

絶対にリバウンドしない運動

ダイエットをすると筋肉が減りがちです。

筋肉が減ってしまうと基礎代謝が落ちてリバウンドしてしまうので、絶対に防ぎたいところ。

そのためには筋トレをすることです。

ダイエットに筋トレを取り入れることで、筋肉量をキープしながら脂肪を減らすことができます。

また、できるだけ歩くことも重要です。

走るよりも、歩くまたは早歩きの方が効率よく脂肪を消費できます。

体重を維持する

短期間ダイエットは体を一定に保つ能力が影響して、元に戻ろうという力が働くとお伝えしました。

これを防ぐためには、前述したように減量ペースをコントロールすることが有効です。

さらに、一度ダイエットに成功した後その体重を一定期間維持することで、今度はその体重を保つ力が働きます。

そうなれば、もう簡単にはリバウンドしません。

まとめ

リバウンドしてしまう主な原因は以下の通り。

・過度な食事制限
・短期間ダイエット
・基礎代謝が落ちる

これらを理解したうえで、正しいダイエットをすればリバウンドを防ぐことができます。

ぜひ参考にしながらダイエットに挑戦してみてください。

この記事を書いた人

砂川 幸也(すながわ ゆきや)
砂川 幸也(すながわ ゆきや)パーソナルトレーナー
これまで延べ4万人以上を指導した経験をもとに、週1回のトレーニングで結果を出す独自のダイエットプログラムを開発。
太らない食べ方が無意識にできるようになる食習慣指導にも定評があり、リバウンドを重ねていた女性たちから支持され、契約するジムで年間売上1位になるほどの評判となっている。