ダイエットを習慣化できる身体をつくる

ナチュラルシェイプアップトレーナー

砂川幸也(すながわ ゆきや)です。

MMK_settingsaretacake500

 

 

これからダイエットを始める人に「今日から甘いものNG!」と言ったら「食べるものがない」と言われました。

だから痩せないんです。

 

 

意外と多い身のまわりに潜む甘い罠

チョコや菓子パン、砂糖入りのコーヒーなら誰でも「これは甘いものだ!」と気づきますよね。

だから「甘いものを食べている」という自覚がある。これならまだいいんですが・・・

 

フルーツグラノーラや野菜ジュース、調整豆乳ならいかがでしょうか?

ダイエット中でもOKなイメージはありませんか?積極的に選んでいる人もいるかもしれませんね。

実は全て注意が必要です!

 

下記は某有名メーカーのフルーツグラノーラの説明です。

 

食物繊維+鉄分がたっぷり

複数の穀物を香ばしく焼き上げ、程よい甘さのドライフルーツをミックスした大人向けの本格シリアル。 食物繊維や鉄分がたっぷりで8種類のビタミンが1日に必要量の1/3とれます。

「わぁ~食物繊維と鉄分が豊富でダイエットに最適だわ!8種類のビタミンが一日に必要な量の1/3も摂れるし!」

 

なんて思いませんか?

 

しかし、原材料を見てみると・・・

 

オーツ麦、ライ麦、砂糖、乾燥果実(パパイヤ、レーズン、りんご、いちご)、ココナッツ、植物油、小麦粉、デキストリン、水溶性食物繊維(難消化性デキストリン)、精米、コーン、かぼちゃの種、アーモンド、食塩、小麦ふすま、玄米、グリセリン、加工デンプン、クエン酸鉄Na、乳化剤(乳を含む)、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、ナイアシン、パントテン酸Ca、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンA、葉酸、ビタミンD、ビタミンB12

 

オーツ麦、ライ麦、砂糖・・・佐藤!いや、砂糖!!(ここに潜んでいました)

これは、このフルーツグラノーラの中で3番目多いのが砂糖ということです。

つまり、砂糖がたっぷり入っているんです!

このフルーツグラノーラの甘さは果物ではなく砂糖の甘さだということですね。

 

野菜ジュースや調整豆乳も同様に原材料を確認してみてください。

 

 

「そんなこと言われたら食べるものがない」

その気持ちわかりますよ。でも、だから痩せないんです。

「食べるものがない」のは、普段そういう甘いものばかりを食べているからです。

痩せたいならその習慣を変えなければいけません!

 

では、何を食べたらいいのか。

 

 

PFCバランス

PFCバランスとは、摂取カロリーのタンパク質脂質炭水化物の構成比率のこと。

タンパク質脂質炭水化物は、三大栄養素と呼ばれていています。

 

糖質=炭水化物ー食物繊維

ですから、甘いものは炭水化物と考えてください。

そうすると、甘いものばかり食べている人は炭水化物の割合が多くなり、PFCバランスが崩れます。

 

つまり、痩せたければ甘いもの(炭水化物)を控えて、かわりにタンパク質や脂質の割合を増やせばいいんです。

さて、タンパク質や脂質が含まれる食品はなんでしょうか?

肉や魚ですね。

 

ダイエットしたい人:「えぇぇぇぇぇ!肉いいんですか???」

私:「はい。豆腐や納豆なんかもいいですね。」

 

ほら、食べるものあるでしょ(*^^)v

大事なのはバランスです。

 



【筆者】

新宿・所沢のダイエット専門パーソナルトレーナー

トレーナーズイノベーション代表

砂川 幸也(Yukiya Sunagawa)

公式ホームページはこちら