ダイエットを習慣化できる身体をつくる

ナチュラルシェイプアップトレーナー

砂川幸也(すながわ ゆきや)です。

 

 

前回は、私がダイエット目的の有酸素運動を

オススメしない理由の1つとして

「ストレスホルモンの影響」を

お話をしましたね。

 

まだご覧になっていない方は

ぜひ一度確認してみてください。

ダイエット目的のランニングはするな!‐ストレスホルモンの影響‐

 

 

ご覧になりましたか?

 

では、ちょっとだけ復習。

 

 

最近のフィットネスジムは

ランニングマシンやエアロバイクなど

汗をたくさんかけるマシンが

増えているような気がします。

 

スタジオのプログラムを見ても

エアロビクスやステップ

格闘技系やダンス系の

汗をかくプログラムが目立ちます。

 

このような運動のことを

有酸素運動といいます。

 

私は、このような有酸素運動を

ダイエット目的で行うことは

オススメしていません。

 

 

前回は、その理由の1つとして

「ストレスホルモンの影響」を

お話しましたが、今回は

その他の理由です。

 

「ストレスホルモンの影響」以外にも

ダイエット目的の有酸素運動を

オススメしない理由があります。

 

それは、「T3ホルモンの影響」です。

 

またホルモン?

 

そう、またホルモンです。

 

ホルモンの話というと

専門的な話になりやすく、

一般の方には理解しづらい

イメージがあるかもしれません。

 

でも、お任せください。

あなたにも理解できるように

わかりやすく解説します。

 

T3ホルモンとは、

カラダの甲状腺という所から出るホルモンで

脂肪を燃やす効果が知られています。

 

ダイエットの味方になる「痩せホルモン」です。

 

このT3ホルモンの分泌量が正常なら

代謝が上がって脂肪が燃えやすくなります。

 

 

でも、有酸素運動はこのT3ホルモンの分泌量を

下げてしまうことが研究で報告されています。

 

ダイエット目的で一生懸命

ランニングやエアロビクスをやった結果、

T3ホルモンの分泌量が少なくなり

脂肪が燃えにくくなってしまうんです。

 

 

さらに、ダイエット目的の有酸素運動を

オススメしない理由はまだあります。

 

それは、有酸素運動を行っている人ほど

摂取カロリーが多くなる傾向があるとうこと。

 

ある実験では、有酸素運動で消費したカロリーより

平均で100キロカロリーも多めに食べる傾向が

みられたそうです。

 

 

どうですか?

 

これでも、あなたは

ダイエット目的の有酸素運動

やりますか?

 

 

ここまでシリーズで

「ダイエット目的のランニングはするな!」

とお伝えしてきました。

 

あくまでも「ダイエット目的」であれば

ランニングは必要ないというのが

私の考えです。

 

だからと言って、ランニングが

悪い運動というワケではありません。

 

もちろん、筋トレでは得られない効果があるので、

全ての人に「ランニングするな!」と

言うつもりもありません。

 

あくまでも「ダイエット目的」のお話です。

ご理解ください。

この記事を書いている人

新宿・所沢のダイエット専門パーソナルトレーナー

ナチュラルシェイプアップトレーナー

砂川幸也(すながわ ゆきや)

▼公式サイト▼

高田馬場・所沢のダイエット専門パーソナルトレーニング

新宿 高田馬場のパーソナルトレーニングでダイエット

新宿 高田馬場のジム 西武フィットネスクラブ

西武新宿線、JR山手線、地下鉄東西線の3路線が乗り入れる『高田馬場駅』にあるためアクセス抜群です。

西武新宿・下落合・中井・鷺ノ宮・石神井公園・田無・新大久保・新宿・目白・池袋・中野・落合・早稲田などからでも通えます。

 

所沢のパーソナルトレーニングでダイエット

所沢のジム エミノワ

西武新宿線と西武池袋線の乗り入れがある『所沢駅』にあるためアクセス抜群です。

西所沢・小手指・入間・秋津・清瀬・ひばりが丘・石神井公園・航空公園・新所沢・狭山市・本川越・東村山・久米川・小平などからでも通えます。