ダイエットを習慣化できる身体をつくる

ナチュラルシェイプアップトレーナー

砂川幸也(すながわ ゆきや)です。

 

 

私が活動しているフィットネスジムが、どちらも休館日というめずらしい日。

 

新宿・高田馬場の西武フィットネスは、毎月15・30日が休館日。

所沢のエミノワは、毎週金曜日が休館日。

 

ですから、本日はどちらもお休み。

 

 

そんなめずらしい本日は、トレーニングにおける【お休み】についてお伝えします。

 

 

ジムをお休みする

トレーニングは毎日休まずに頑張ればイイというワケではありません。

特に筋トレは、毎日やっていると悪影響にもなります。

 

ですから、トレーニングプランの中は、適度な【お休み】を入れる必要があります。

 

 

適度に【お休み】を取ることが、実はトレーニング効果を高めるための重要なポイントなんです!

 

例えば、今日ジムで筋トレをしたのであれば、明日は休むとか。

あるいは、昨日脚の筋トレをしたのであれば、今日は背中の筋トレにして脚はやらないとか。

 

他にも色々な調整方法がありますが・・・それは別の機会に。

 

筋トレも「過ぎたるは猶及ばざるが如し」なんです。

 

 

休み過ぎは注意

このお話をすると、必ずこんな人が出てきます。

 

「今日もあえて筋トレをお休みにします!」

と言って、何週間も筋トレをお休みする人。

 

それ、ただのサボり!!!

 

筋トレを毎日やるのは良くありませんが、もちろんサボり過ぎも良くありません。

 

サボりとお休みは、全く別物ですからね。

 

筋トレの適度なお休みは、部位やトレーニング方法によって異なりますが、一般的に48~72時間くらいと言われています。

つまり2~3日くらいですね。

 

それ以上のお休みは、基本的にサボりと考えましょう。

 

 

えっ!?

じゃあ、砂川が推奨している「週1回の筋トレ」じゃダメなのでは??

 

そう思いますよね。

 

普通に考えると確かにそうです。

 

でも、結果が出ます。

 

なぜなら、トレーニング方法が違うから!

私のパーソナルトレーニングでは、独自のプログラムで筋トレをするので、6日間のお休みを取っても結果が出ます。



【筆者】

新宿・所沢のダイエット専門パーソナルトレーナー

トレーナーズイノベーション代表

砂川 幸也(Yukiya Sunagawa)

公式ホームページはこちら