ダイエットを習慣化できる身体をつくる

ナチュラルシェイプアップトレーナー

砂川幸也(すながわ ゆきや)です。

 

 

先日、新宿に行った時のお話です。

 

私は、職業柄、よく人間観察をしてしまいます。

人が多い新宿は、人間観察には絶好のスポット!

 

今回は新宿の人間観察で発見したことを、あなたにもシェアします。

 

 

新宿の女性はお尻の筋肉がうまく使えてなかった!

新宿の街を歩いている人たちを見ていて、私が気になったのは【お尻の筋肉】の使い方です。

 

【お尻の筋肉】をうまく使えてない人が多い。

 

【お尻の筋肉】をうまく使えないと、下半身が太くなりやすいです。

そして、お尻が下がって見えます。

 

お尻が下がるから、余計に下半身が太く見えるんです。

 

ヒールを履く女性なら、【お尻の筋肉】が使えないと歩き方がカッコ悪くなってるはず。

 

 

体型を改善するときは、最終的に歩き方まで改善することが大切です。

普段から【お尻の筋肉】をうまく使って歩いていれば、お尻も下がらないし、下半身も太くなりません。

 

 

でも、【お尻の筋肉】をうまく使うのは難しいですよね。

「意識して歩け!」って言われても、すぐには出来ない方がほとんどのはずです。

 

うまく使うためにはトレーニングが必要なんです。

じゃあ、【お尻の筋肉】を鍛えればイイのか!って思うかもしれません。

 

実はそんな甘くない。

 

お尻の筋肉をうまく使えない人は【お腹の筋肉】もうまく使えない。

【お腹の筋肉】で骨盤を安定させることが出来ないから、【お尻の筋肉】がうまく使えないんです。

 

お尻が下がって、下半身が太く、お腹もたるんでいるタイプの人は、正にこのパターンになってます。

 

下半身だけとか、お腹だけとか筋トレしても結果が出ないのは、他のところがうまく使えていないから。

根本の問題から解決していかないと、いつまでも結果は出ません。

 

 

もし、あなたが結果が出なくて悩んでいるなら、まずは根本の問題を見つけて解決する必要があるかもしれません。



【筆者】

新宿・所沢のダイエット専門パーソナルトレーナー

トレーナーズイノベーション代表

砂川 幸也(Yukiya Sunagawa)

公式ホームページはこちら