ダイエットを習慣化できる身体をつくる

ナチュラルシェイプアップトレーナー

砂川幸也(すながわ ゆきや)です。

 

 

「女性は筋肉が付きにくいから、筋トレしても脚が太くなったりしませんよ。」

と聞いたことありませんか?

 

私は、必ずしもそうではないと思っています。

 

確かに、女性の場合、ホルモンの影響でなかなか筋肉がつきません。

だから、筋トレしても脚が太くならない(太くなりにくい)という説明も理解できます。

 

これは、多くのパーソナルトレーナーも同じ意見だと思います。

 

でも、実際は脚が太くなることがあるんです!!

 

ここからは、多くの女性にトレーニング指導をしてきた、私の経験から感じている意見です。

 

筋トレしても脚が太くならない=女性の筋肉は太くならない(太くなりにくい)

であって、実際の見た目は、筋肉の太さ以外にも別の問題があります。

 

例えば、脚の太さは実際のサイズだけではなく、バランスで太く見えてしまうタイプ。

ここで言うバランスとは、脚の筋肉のつき方を意味しています。

 

このバランスは普段足を組む癖があったり、悪い姿勢で歩いたりするなど、日常の動作で崩れてくることが多いです。

そこにトレーニングで負荷をかけてしまったら、さらにバランスが悪くなってしまいます。

だからこのタイプの方は、まず足を組む癖や悪い姿勢を直す必要があります。

 

また、このような癖や姿勢の人は、特定の筋肉が硬かったり弱かったりすることが多いです。

例えば、ももの外側の筋肉が硬くて、内ももの筋肉や腹筋が弱いなど。

 

あなたがもしこのタイプなら、腰痛があるかもしれません。

まずは、それらを改善する必要があります。

 

 

私は、カラダを引き締めるために筋トレをオススメしています。

女性でも、バーバルやダンベルを使って筋トレした方がイイと考えています。

 

でも、見た目を美しくするのは、それだけではダメ。

バランスや姿勢も改善して、トータルで美しく見えるように!

そんなトレーニングが女性には必要だと考えています。



【筆者】

新宿・所沢のダイエット専門パーソナルトレーナー

トレーナーズイノベーション代表

砂川 幸也(Yukiya Sunagawa)

公式ホームページはこちら